最短で借りるにはやるべきことがある

即日キャッシングのこつ

即日可能な業者を選ぶ

そもそも申込当日にキャッシングが可能な即日融資、当日融資を謳う業者を選ばなければ、どんな方法を取ったところで即日キャッシングはできません。最短即日審査と最短即日融資は意味が違うので注意しましょう。即日審査は審査が最短で1日かかるということになりますから、カード発行とキャッシングまでできる可能性は低くなります。ですから、最短即日融資、最短30分審査など審査が早いところを選ばないといけません。多くはノンバンクですが、一部銀行のカードローンでも、最短即日融資を謳うところがあります。
ただし、既にその銀行の口座を持っていることが即日融資の条件である場合もありますから注意が必要です。あえて銀行のカードローンで即日キャッシング可能なところを選ぶとすると、新生銀行カードローンレイク、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンと言ったところだと思います。

WEBからの申込を先行させる

カードを使ってATMからキャッシングする場合は、無人機でカードを受取る必要があるので、どっちにしろ無人機まで行く必要があるので、最初から無人機に行く方がいますが、無人機までいっても審査を必要があります。その間もずっと無人機の前で待っているのは人目もあって嫌だと思います。また他の人が申込手続きをしていて相手いないかもしれません。その時間を無駄にしたくなかったら、WEBから申込をして審査結果を待ってから、無人機に行ってカードを受取る方が無駄な時間を取られずに済みます。
つまりWEBから申込をして、無人機でカードを受取るというのが最短コースと言えるでしょう。もちろん振込キャッシング(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)でいいのならば、無人機に行く必要はなく、そのまま自分の口座に振込の申込みをすれば、自分のお金のように、銀行のキャッシュカードで引き出せるので個人的にはそのほうがお勧めです。
やはり無人機に出入りするのってちょっと勇気がいると思いますからね。またモビットの場合は、WEB完結の場合はカードは発行されず、振込キャッシング(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)だけになります。

書類は審査待ちの間に揃えておこう

本人確認の書類は、デジカメ、スマフォなどで画像にして送信しますので、審査を待っているその間に用意しておけばいいでしょう。また他社の合わせて100万円または50万円を超える借入になる場合は収入証明も必要になってきますので、用意しましょう。
ただし、50万円までの申込みでないと、即日キャッシングの対象にならないプロミスなどの例もある様に、限度額が大きいと審査に時間がかかるので、早く借りたいのならば50万円までの限度額で申込をしましょう。

申込はできるだけ午前中に

多くの業者が午後2時ごろまでにすべての契約を終了させた場合に、即日振込可能としています。そのため、できるだけ午前中に申込を開始したほうがいいでしょう。

そのためにも直ぐ申込ができるWEBからスタートするのが一番早いと思います。ネットならば24時間申込みはできるので、深夜でも申込だけしておけば、9時以降に審査開始されるので、夜中でも直ぐやっておいた方がいいでしょう。

即日キャッシングを確実にする方法関連ページ

銀行のカードローンが人気
ノンバンクほど審査が早くないというデメリットはありますが、今は銀行のカードローンも人気です。その人気の理由について紹介しておきましょう。
銀行とノンバンクキャッシングはどっちがいい?
銀行のカードローン、プロミス、アコムなどのノンバンクのカードローン、果たしてどちらがいいのか、比較してまとめてみました。
学生、主婦でも借りられるの?
学生や主婦でもカードローンを作ることができます。ようは収入があるかどうかで決まります。
借換なら銀行カードローン
複数の債務を一つにしたいとか、寄れ低金利の所に借り換えたいとかいう場合は、総量規制を超えても借りることができます。ただし、それをちゃんと証明する必要はあります。

即日キャッシングを確実にする方法 銀行とノンバンクどっちがいい? 学生、主婦でも借りられる?