有利になる借換は、総量規制を受けない

顧客に一方的有利となる借り換え

返済が大変になっていませんか?

 

借換

必要に迫られて、スピードキャッシングできるところで借りたのは良いけれど、金利が高くて返済するのが大変になってしまった・・・。

 

そんてことはよくあることです。急いでいる時は、藁にもすがりたいものですから、直ぐキャッシングできるのであればと、ついつい金利が高くても借りてしまって、後で利息がたくさん付いてきてしまい、なかなか元金を減らすことができないなんて事もあり得ます。

 

またとくに危険なのは、貸金業法で規制がかかってしまうノンバンクでは、ちょっとずつ色々なところから借りてしまい、返済日が異なり、把握しずらくなりってしまい、その月に必要な返済の銀行残高が分かりずらくなってしまうことか゛あります。

 

そして、うっかり残高不足になっている事に気づかずに、返済日を逃してしまったなんて事例はよくあるのです。

 

こんな場合は、返済先を1つにするために、別のところで借りて、全部返済し、1カ所だけの債務にするということが有効になります。

 

借換は総量規制の例外

 

借換

これをおまとめとか、借換とか言いますが、この時、債務がある状態で、新たに、それと同じだけの借入をしようとすると、貸金業法上の規制を超えてしまう場合があります。

 

規制を超えると、ノンバンクからは、法的に借りられない事になります。

 

しかし、借換え目的で借りる場合は、貸金業法上の借入規制の例外として認められているので、借りることができます。

 

ただし、条件があって、顧客に一方的に有利となる条件でなければならないとされています。

 

借換の目的からすれば当然のことで、借換で、逆に返済が増えてしまっては何の意味もありません。

 

借換

この条件は意外とゆるく、たとえ金利が同じ、または少し高くなったとしても、月々の返済額が減れば、「顧客に一方的有利となる借り換え」となるので、金利が下がらなかったとしても、返済期間を長くして、月々の支払いが楽になれば有利とされます。

 

ですから、元々貸金業法に縛られない、金利の低い銀行だけでなく、ノンバンクで借換え目的で借りることもできます。

 

複数の債務があって、銀行のカードローンの審査に受かるのは難しいのであきらめている人もいるかもしれませんが、ノンバンクでも借換えできるので、相談してみて損はないでしょう。

 

銀行でも、借換え専用のカードローンと言うものもあります。普通のカードローンより金利は高くなりますが、ノンバンクよりは低めなので、申込んでみても損はないでしょう。

借換なら銀行カードローン関連ページ

即日キャッシングを確実にする方法
申込当日にキャッシングできる様にするためには、業者選びの他に申込方法や準備が必要になります。最短で借りられるようにするための方法についてまとめました。
銀行のカードローンが人気
ノンバンクほど審査が早くないというデメリットはありますが、今は銀行のカードローンも人気です。その人気の理由について紹介しておきましょう。
銀行とノンバンクキャッシングはどっちがいい?
銀行のカードローン、プロミス、アコムなどのノンバンクのカードローン、果たしてどちらがいいのか、比較してまとめてみました。
学生、主婦でも借りられるの?
学生や主婦でもカードローンを作ることができます。ようは収入があるかどうかで決まります。

即日キャッシングを確実にする方法 銀行とノンバンクどっちがいい? 学生、主婦でも借りられる?